12/23限定!ドイツで15年間店を構えた店主が贈る新感覚の鮨クリスマスディナー

ヨーロッパスタイルと本格江戸前鮨のマリアージュ

上尾商工会議所が支援する本格江戸前鮨店「鮨処わさび」が、和の伝統に西洋が融合した新感覚鮨料理のクリスマスディナーを、
12月23日(土)5組10名様限定で開催。本格江戸前鮨店が12月23日限定でクリスマス一色に彩られます。
20年以上クリスマスの本場ドイツで過ごした店主がヨーロッパ各地のクリスマスマーケットで収集した飾りを店内にディスプレイ。
本場仕込みのグリューワイン(ホットワイン)で体を温め、当店自慢の特製ブイヤベースでクリスマスを演出。最後はシュトーレン
(クリスマスに食べるドイツの伝統的な菓子パン)とコーヒーで締めくくる当日だけのクリスマスディナー。
A5ランクの信州牛と本格江戸前鮨も付いてお一人様、10,000円(税込)で提供。(注)グリューワインは一人1杯まで

上尾駅から3分と好立地でありながら、あえてビルの奥まった場所に店を構える「鮨処わさび」。
隠れ家的に佇む店内に一歩足を踏み入れると漆喰の壁に張り詰められた大谷石、
天井は網代貼り、食器は全て美濃焼、グラスは江戸切子などとすべてにこだわった贅沢な店内。
銀座で20年修業を積み、その後ドイツ ミュンヘンで「SUSHI WASABI」を開業し、
海外の多くのゲストに本物の鮨の味で感動を与えてきたオーナーシェフ。
海外で培った経験を元に元来の技を大切にしつつ、新しいスタイルを取り入れた料理が話題の当店が贈る、
12月23日限定のクリスマスディナーを開催。

【当店の特徴】
異なる3つのブランド米をブレンドし、赤酢で仕立てたシャリを使い、
店主みずから毎日、魚河岸に足をはこび厳選された食材を使った本格江戸前鮨。
ヨーロッパ時代に習得した南仏名物ブイヤベースは開業から欠かす事なく煮詰めた絶品。
A5ランクの信州牛や信州サーモンを使うのは店主のこだわり。
ドイツ国内のレストランでソムリエ兼支配人を務めた女将が厳選した鮨に合う極上のワインをセレクト。

店主


グラスは江戸切子を使用



贅を尽くした店内


食材は店主みずから毎日、魚河岸に足をはこぶ


特製ブイヤベース


ソムリエの資格を持つ女将が鮨に合うワインをセレクト


この企業のプレスリリース

関連するプレスリリース

コメントを削除します。よろしいですか?

閉じる